どんなに注意していても起こってしまう水没

iPhoneは、他のスマートフォンに比べるとトラブルのときの保証やサービスが、いまいちなところがあります。とにかくお金がかかるというイメージがあります。ですから、とても注意して扱うことを考えていて、気にしているにもかかわらず、起こってしまうiPhoneのトラブルです。中でも多いのが、iPhoneの水没です。
ghr

買ったばかりのiPhoneが・・・

まだ買ったばかりのiPhoneを水没させてしまって、ショックな気分になってしまう方がいます。しかし、まだ新しいiPhoneなら、全く動かなくても、買い取ってくれる業者もいます。そんなとことに相談してみて、買い取ってもらったお金を、新しいiPhoneに使う手もあります。

水没対策。

iPhone専用の水に濡れても問題ない、カバーが存在します。海でも川でも使えるカバーです。これをつけておけば、水没の心配もなく、水が怖くないことになります。しかも、iPhoneがキレイなままです。水没対策にはとてもいいものになります。

水没してもいいように。

他の使っていないiPhoneにデータを共有することです。パソコンにも同じように共有いておいて、いくつかあるとても便利です。使っていないiPhoneには写真や動画などを共有するように設定し、パソコンやその他のものには、他のデータを共有するなどと、データの保存をいくつかに分けることもできます。

水没したら、しないこと。

やらないほうがいいものとして、ドライやーで乾かすことや、電子レンジ、熱を持つ場所においての乾燥などは、間違いなくダメになる、やらない方がいいことです。やってはいけないiPhone水没対策です。

これは事故です。

iPhoneのトラブルは事故です。こんなことが起きてしまうかもしれないからこそ、保険があります。iPhoneの保証サービスが少し高いと思ってしまいがちですが、こんな事故のときに役にたちます。
自分はそんなことはないと思う、iPhoneの水没ですが、そんな方に起こるんです。iPhoneの水没は事故なんです。そんなときのための対策をご紹介いたします。

まめにバックアップ

これは重要です。iPhoneはとくにまめにバックアップをおすすめします。水没をしてしまって、データの復元ができなくなってもバックアップがあるから安心になります。

データ専用のiPhoneを。

データ保存用のiPhoneを準備して、データの共有をしておきましょう。Wi-Fi環境のある場所で簡単にできます。このように、本来使用するiPhoneの他にデータ用としてもっておき、もしもの水没のとき、焦りが少なく、冷静な判断が下せます。

もし水没したら・・・

水没したときの手順は次の通りです。
①電源をオフにする。
②SIMカードを本体から取り除く。
③自然乾燥
いろんな方法がネットで紹介されています。間違った方法も数多く存在しますので信憑性のある情報収集が大事です。しかし、iPhone水没の時の対処法はシンプルに、この3点です。あとは、自然乾燥で乾くまでまつしかありません。

水没しても・・・

データを他のiPhoneに保存していたり、バックアップをまめにやっていれば、本体の損傷の心配だけになります。もしも、これをやっていなかったら、心配ごとが増し、冷静な判断ができなくなってしまいます。

間違った方法。

iPhone水没で検索したり、聞いてみたりすると、間違った方法が存在します。たとえば、ドライヤーや電子レンジなど普通に考えるとあり得ないことなのですが、冷静さを失い、データのことなど、いろんな心配が重なると、冷静に判断できなくなって、とんでもないことを行う判断を下してしまいます。

備えあれば憂いなし。

防ぎようのない事故です。そんな時のために備えておく必要があります。少し面倒ですが、データが全く消えてしまうことと、費用がかかることを思うとどうでしょうか?
bgdtrsh
http://mobilephoneprotector.jp/submergence

更新情報